忍者ブログ

ノスタルジア

「輪るピングドラム」の二次創作小説ブログサイトです。 公式の会社・団体様とは無関係です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SS1

21話。高倉兄弟。晶馬一人称。

両親がいた頃の喧嘩は全部相手が冠葉だった。
そして、両親がいなくなってからした喧嘩は、冠葉以外が相手だった。
殴り合いの喧嘩をするのなんて、数年ぶりだった。
最後に冠葉と喧嘩をしたのは、まだ両親がいた頃で、原因も勝敗も忘れてしまった。きっとどうでもいい理由で始まった喧嘩だったんだろう。
両親がいなくなり、僕たちには犯罪者の子どもというレッテルが貼られた。
ある日、知らない先輩たち数人にからまれて、僕は殴られた。
たぶん、理由なんてなくて、誰かを殴りたいときに目の前にいたのがちょうどいい僕だったのだろう。
憎むべき犯罪者の子ども。だから、殴ってもいいだろう。そう思われたのだ。
悔しくても抵抗もできなくて、ただうずくまって嵐が過ぎるのを待つ。
そのとき、僕の名前を呼ぶ声が聞こえた。冠葉が足音高く走ってくるのが見えた。
冠葉は先輩たちを殴ると、僕をかばうように立ちふさがる。
おいおい、お兄ちゃんに助けてもらうのかよ。二人なんてずるいんじゃねーの。
先輩たちは向こうのほうが人数が多いくせにうそぶく。
冠葉はけっと唾をはくと、うるせえ、と吠えた。
「俺たちは双子だから」
喧嘩の相手も二人でするんだ、と叫ぶ。
そして二人で先輩たちをぼこぼこにしたのだ。僕たちもぼろぼろになったけれど。
帰ったら陽毬に手当てをしてもらった。陽毬は何も聞かなかった。
その後は、二人でどんな喧嘩にも立ち向かったんだ。
なのに、どうしてこんなことになったんだろう。
「俺たちは同じ日に生まれた、赤の他人だろ」
冠葉が遠い。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © ノスタルジア : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
なつゆき
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
読書

ブログ内検索